• Yoh Ohtsuka

「緑と暮らす家」基礎工事


緑と暮らす家」では、基礎の配筋や型枠、コンクリート打設を行いました。



写真ではわかりませんが、建物中央部は3間(5.46m)間口のリビングになります。

基礎梁を多めに入れ、負担する面積を小さくしています。




基礎断熱には、普段使用している防蟻ビーズ法ポリスチレンフォーム保温版です。

厚みは100ミリになります。

アンカーボルトやホールダウンはコンクリート打設前には入れます。




型枠を外しました。

この後に基礎断熱材の劣化を防ぐために、シートで覆うようにしました。


この頃は、大工さんが墨付けや刻みを作業場で進めていますので

土台敷や建て方はもう少し後になります。

150回の閲覧