top of page
  • 執筆者の写真Yoh Ohtsuka

久慈の住宅も終盤です


久慈の現場は、躯体の工事もほぼ終わり終盤に入りました。


屋根天井断熱はブローイングで断熱材をパンパンに入れていきます。

一般的なブローイングより密度も厚みもありますので

断熱用の下地が必要となります。



断熱や気密施工が終わると、ボード張りが始まり、部屋のカタチが見えてきます。




松本社長と棟梁が何やら相談中。

意匠図だけではなく、施工マニュアルなども読み解き、丁寧に施工しています。



外壁の塗装も終了しました。

足場も外れれば、庭に面した塀の施工に入ります。


閲覧数:137回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page