• Yoh Ohtsuka

久慈の現場 建て方です


久慈の現場では、基礎の脱型後、建て方をしました。



基礎も打設後の養生が良い為、スラブのクラックなど見当たりませんでした。



今回の構造部材は、全てLVL(単板積層材)を使用しています。

寸法安定性、高強度、精度が極めて高い製品ですが、その分、非常に重いので大工さんたちも手作業の部分は大変です。



LVLや集成材の含水率はとても安定していますが、製材された無垢材よりは水に弱いと思います。

よって、建て方後の養生はいつも通りしっかりと行い、作業後には必ずブルーシートで囲うなど構造体を保護をしています。

この作業は内部結露防止の役目も担いますね。


断熱下地や窓廻りの補強後、木製サッシが北海道から届きます。

サッシが取付くと、住宅らしくなってきます。

以前も書きましたが、建て方時のブルーシートに囲われた内部空間がちょっと苦手です。

休憩時に大工さんとその話をしましたら「好きな色に塗ってあげようか?」と笑われました・・・・ゴメンナサイ(汗)

閲覧数:105回