top of page
  • 執筆者の写真Yoh Ohtsuka

砂子の家 建て方


花巻市で進んでいる「砂子の家」

現場では寒い中建て方が進んでおります。



2階の大屋根は切妻で登り梁を掛けます。

室内に小屋組みは見えませんが、屋根形状による勾配天井となります。



棟木に登り梁を掛けていく事で、フレームは安定していきます。

棟木だけの状態は一瞬だけなので、思わずパシャリと撮影!



とても寒い中の作業でしたが、構造図や図板を確認しながら丁寧に施工は進められます。

この住宅は2階の床組みは表しなど、普段の住宅より骨格が見える仕上がりです。



棟梁の経験や技を設計に上手く反映させて、この場所にあった住宅が出来ればと思います。

閲覧数:106回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page