01
01

02
02

18
18

01
01

1/18

敷地は大槌町の内陸部、背後に緑豊かな山を抱え、

近隣には新しい家が増えてきている住宅地です。


そこに御両親とお子さんの3人が住まう家を計画しました。

内陸側から吹き降ろす冷たく強い風や西日を避けること、

室内からの見え方、外からの視線を考え
玄関や和室などをL型にクランクさせた平面形状となり、
そのカタチに傾斜のついた屋根をかけ、

周辺にそっと馴染むような住宅にしています。

室内は、御夫婦の好きな家具や照明、

インテリアが生きるような空間に。
御主人が持っている沢山の書物が綺麗に納まるような書斎は

2階に設け吹き抜けを介して、リビングとつながっています。
書斎隣の、将来子供部屋になるスペースも同様に、

上からリビングの様子が伺えます。
御家族が穏やかに、程よい距離で楽しく暮らすことを

イメージして創り上げた住宅です。

大槌の家
 

WHERE 

Oozuchi-town

WHEN

2019

PHOTO

Atsushi Okuyama

BUILDERS

​佐々忠建設